姙娠の確率

薬を処方してもらう

近年では、不妊治療の一環として人工授精を行う女性は多くいます。この人工授精とは、簡単に説明すると、男性によって提供された精液をパートナーの子宮内に注入する方法です。人工授精は大掛かりな施術となるイメージがありますが、人工授精自体に痛みもなく1分ほどで終了します。この不妊治療は、精子の数が少ない場合や、運動率が低い場合に最も適応されます。1回の人工授精の費用は、5000円から2万円です。 人工授精の妊娠率については、施術を受ける病院によって多少の違いがあります。ですが、全体的には5パーセントから10パーセントくらいの確率です。ですから、何回か人工授精を行っても妊娠に至らない場合は、病院から体外受精を薦められるケースが多いです。

人工授精は、色々なメリットがあります。まずは、いくつかある不妊治療の中でも最も行いやすいことがあげられます。この施術を行う手順は、細い管を使って精子を子宮にいれるというものです。この方法は女性にとって痛みも少なく、ストレスを感じることなく治療を受けられます。また、精子を注入することで、卵子との着床は自然の流れに任せることになります。よって、ほぼ自然妊娠と変わらない状態で妊娠できます。 その他のメリットは、子どもが一回の施術でできなくても何回でも行なえることです。身体的な負担が少ないので、何度でも行うことができます。人工授精での妊娠率は大体20%といわれていますが、何回も行うことで受精の確率も高まります